脂漏性皮膚炎で【顔がかゆい】スキンケアで改善してみませんか

脂漏性皮膚炎で顔がかゆい。
ステロイド剤を使うほどではないのが、顔がかゆいのでどうしにかしたいとお考えのあなた。
今まで顔がかゆいってことは無かったのに、この頃顔がかゆくなってきたという方もいると思います。

 

脂漏性皮膚炎によって顔がかゆいのは、スキンケアによって改善出来ます。

 

正常な皮膚は肌の表面の角質層がきちんと整列していて、紫外線などの外部からの刺激から肌を守るバリア機能が働いています。
バリア機能がきちんと働いていれば、潤いが保たれキメが整った肌を保つことが出来ます。
しかし、ホルモンバランスや生活習慣の乱れや菌の増殖などによって、肌の代謝であるターンオーバーが乱れ、肌の健康が損なわれてしまいます。
肌が刺激に弱くなったり、皮脂が多く分泌されるようになります。

 

皮脂の分泌が多い箇所がカサついたり、ベタついたりしてきて、気になって手で触ることによって、更に症状を悪化させてしまうことがあります。

 

 

脂漏性皮膚炎の症状が悪化していて、顔がかゆくて我慢できない場合は、皮膚科で診療をすすめて症状を軽くすることをおすすめします。
そこまで症状が進んでいない方は、スキンケアで改善をしてみてはどうでしょうか。

 

スキンケアの基本は洗顔とその後の保湿です。
肌の乾燥は、肌トラブルの原因の1つですので、保湿をすることで乾燥を予防することが大切です。

 

洗顔の時に顔をお湯ですすぎますが、あついお湯はダメです。
ぬるま湯を使って下さい。
熱いお湯は肌の潤いを奪ってしまいますので、NGです。
洗顔フォームを泡立てて肌の上で泡を転がすようにやさしく洗います。
ゴシゴシ力を入れて洗うと肌をイタめてしまう可能性がありますので、注意して下さい。
そして、洗顔フォームをきちんとすすいで落とすことも大切です。

 

洗顔後の肌は潤いを失いやすいので、できる限り保湿をしましょう。
化粧水などをパンパン叩いて肌に馴染ませるのはダメです。
手のひらで押し込むようにして、馴染ませて下さい。

 

洗顔フォームや化粧水は普通のものを使用すると刺激があったり、不向きな成分が配合がされているかもしれません。
脂漏性皮膚炎で顔がかゆい方は、専用の洗顔フォームや化粧水を使ったほうがお肌に良いです。

 

脂漏性皮膚炎で顔がかゆい方用のスキンケアアイテムはこんな商品です。

 

脂漏性皮膚炎のためのスキンケア商品

脂漏性皮膚炎で顔がかゆい方用のスキンケア商品は【KADASON カダソン】です。

 

KADASON カダソンと特徴

皮膚科専門医の監修で開発
低刺激性
無添加

 

 

パラベン、鉱物油、合成着色料、合成香料、石油系界面活性剤、シリコンは無添加です。

 

 

洗顔フォームの全成分
 

水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、水酸化K、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、ジグリセリン、コカミドプロピルベタイン、グリチルリチン酸2K、BG、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、チャ葉エキス、レイシ柄エキス、アロエベラ葉エキス、サボンソウ葉エキス、アーチチョーク葉エキス

 

公式ページより引用

 

化粧水の全成分

水、BG、グリセリン、1,2−ヘキサンジオール、エリスリトール、ジグリセリン、イノシトール、クエン酸Na、グリチルリチン酸2K、キサンタンガム、PCA−Na、クエン酸、ヒアルロン酸Na、ラウロイルラクチレートNa、セラミドNP、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、サボンソウ葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セージ葉エキス、レモン果実エキス、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、セラミドEOP、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール

 

公式ページより引用

更新履歴